夢の常緑計画   

きのうは震える程寒かったのに、今日はまさに小春日和。
PC生活にもいろいろと起こる。人々の生活を知る。人生と人間を知る。


第一食:柿、コーヒー、玄米フレークに飲むヨーグルト
第二食:卵かけご飯(2こ)
第三食:スープ(肉団子、大豆、じゃが、人参、セレベス、白菜、ウインナー)とごはん


太極拳全コース、それに短い訓練もおおよそ思い出すことが出来た
テレビのドキュメンタリーで少林寺の少林拳の第一パターンをまねする

a0151024_15553.jpg

真っ白い紙が好きだった
四つ折りにして切り離し
たくさん集めて綴じつけて
カバーに布を貼りつけた

憧れを描いて書いた
何十年過ぎても

たとえば生垣のプラン
今は構成中
東の庭はやぶからしの繁みのために
北の庭はドクダミの白い花の為に
(そこにはユキノシタも混ざってよい)

ああ嬉しい、そして何を植えよう
お茶の花が年の暮れには丸い芯をみせるように
絞りの山茶花が霜月にははらはら散るように
年の瀬に柊の花が香るように

春ともなれば
モッコウ薔薇がにぎわう黄色に
鉄線花が凛と紫に
羽衣ジャスミンが白く映え
乙女椿もぽっとピンクに
ブラシの樹も背が高い
(夏の朝顔夕顔苦瓜胡瓜は織り込み済み)
(夏はブーゲンビリアかノウゼンカズラ)
(巨大向日葵育てよう)

涼風吹けば銀木犀
枇杷の華も華やかならずとも

嬉しきかなや夢の生垣
常緑に
もし足らなさそうならヘデラと八つ手のパッチワーク
これで秘密の花園ができたかしら

人生が終わる頃にやっとプランができたので
世界の内と外が透けて見えるような見えないような
でも見えるような
魂となってもそこに留まるだろう

そこに座って問うだろう
これらは何故ですか
実におかしい
宇宙に飛び交う致死光線から
薄い大気に守られて
考えるものが問うている
助けを求めている

僥倖にしては酷すぎると

[PR]

by tojitouji | 2011-11-13 01:10

<< 地球家族、かな 一本の桜の紅葉 >>