<   2017年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧   

股関節変形症   

股関節には体重の10倍もの負担がかかっているそうで
老化による軟骨の摩滅によって、骨が変形し、骨同士が擦れ合う痛みが起こる。

手術が最後の手段らしいが
その前、その後、
股関節を動かすのに使われる筋肉をフィットさせる方法があるそうだ。

1、椅子に浅く腰掛ける
  肩幅に足を置き、膝を開閉して、貧乏ゆすりのように動かす。
2、骨盤を後ろに傾け
  前にまっすぐ立てる
  上体を動かさないようにしてお尻で揺すり運動
3、床にうつぶせ寝
  骨盤の下にタオルなど敷く
  骨盤を左右に揺する

この全てにおいて、体全体をリラックスさせるとういうのが重要である。

ついでなので、軽く実行できる腹筋運動というのがあるそうだ。

準備運動として、心拍を上げ熱消費量を増やすために
四つん這いになり、両脚を後ろに引いておく
ぴょんと軽く飛んで、右足をお腹に引きつける
左足をお腹に引きつけ、同時に右足はまた後ろへ伸ばす

1、寝転んで両足の裏を合わせる、つまり膝を開いて曲げる
  腕を上に伸ばし、ペットボトルに水を入れたものを頭の上に抱え、
  両腕を前に振り下ろしつつ、上体を起こす
  10回

2、同じ体勢で、ペットボトルを胸の上にもち、
  体を半分起こして、左右に腕を振る
  体側の筋肉が鍛えられる
 
3、寝転んだままで両足を一緒に、あるいは交互に
  地面に水平に上げ、水平に伸ばす
  

[PR]

by tojitouji | 2017-05-07 16:53 | 老人 | Comments(0)