<   2016年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧   

腰痛の原因と予防について新発見とか。   

腰痛、膝痛、足首痛、加えて 手の親指関節亜脱臼
あっというまに、老人性関節症状だらけになった。

ヒアルロン酸注射を定期的にしてもらいながら、太極拳だけは負けずに続けている。
問題は、不整脈、ということになっている。

それはさておき、
今日は腰痛関係の追加情報
ためしてガッテンからの要点のみ。

原因不明の腰痛
この原因として、寝返りの回数が少なすぎる ということがわかった。

普通は一晩25回近く寝返りしながら眠っているらしい。

まず、仰向けに眠ると内臓の重量が背骨にかかる
押された背骨の血流が悪くなり、酸素不足になる、それで痛みやコリが起こる。

そこで寝返りが必要なわけだが、布団や枕の関係で自由に動けないこともある
しかし
筋肉が足らずに(寝返りを打つには相当の筋肉を使うのだそうだ、胸、肋骨の後ろ、背中の僧帽筋、腹筋、臀筋、太ももの前、後ろの筋肉、ふくらはぎすらも)

これは大変だ。
これらは、歳をとるにつれ適宜鍛えなければいけないわけだが、
その前に筋肉をリラックスさせておくことが需要で、そうでなければ逆効果になるかも。

その方法:
1 仰向けに横になり
  右脚を深く曲げて、左の床に倒す(左脚は伸ばしておく)
  左手で右の膝を支える(両肩は床につけたまま)
  右腕は上に真っ直ぐ伸ばす
この姿勢で、深呼吸を6回する

2 お腹をしてにして横たわり、肘で軽く支え
  首を深く垂らし 
  両脚は膝で曲げて、上に立てる、かかとを立てる
この姿勢で、深呼吸を6回する

3 寝転んで、両脚をお腹の上で膝を抱っこする
この姿勢で、深呼吸を6回する

4 寝転んで、タオルなどに足裏(かかとを立てて)を引っ掛け、上に真っ直ぐ脚をあげる、
  両手はタオルを握って引いているので、太ももの後ろの筋が伸ばされる
この姿勢で、深呼吸を6回する

いずれの場合も、力を込めずにだらっとして行う。

[PR]

by tojitouji | 2016-12-23 21:03 | 健康太極拳 | Comments(0)