<   2014年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧   

健康ゆっくり太極拳 先日好評のフォーメーション   

広い部屋がとれて、しかも五人の参加者であった。
   このミスマッチが最近多くて、みんな嘆息している。
   狭い和室でやるとき、多くの人が(と言っても十人までだが)集合する。

古い教室ではときどき試していたが、そのやり方は

円陣配置

しかも中心から10歩近く遠ざかった場所。
そこで立つ方向は、中心に進行して行くように立つ。
つまり各人が、左側が中心点になるように立つ。すると前に立つ人の背中をみることになる。

そして各人が、中心に向かって2番(野馬分鬣)、
左足を出し、左に進む。
放射状に。
ふだんは円陣に立ち、お互いに顔をみながら十字手、そして左回りで進む。

不老拳にプラスして、雲手、単鞭、高探馬、双峰貫耳まですると、
ちょうど中心に集まり、気を集める事となる。
ここまでだと、あまり不安感は無く、前後の動きも確認できそろえることができる。

放射状に各方面から次第に近づいてくるが、
腕を九十度に振り上げ後退4回で、また4歩戻り
雀尾から馬に乗り右足を蹴り出す、と進んで行き、そして相手の首を締め付ける動作まで

手の先まで数えると出発点から8歩くらい進んだ地点で、全員の拳がそろう勘定になる。

[PR]

by tojitouji | 2014-11-09 17:36 | 健康太極拳 | Comments(1)