<   2013年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

ゆっくり太極拳 3   

雪が、といっても羽根のように薄く軽いいわゆる「帷子雪」という様態である。
ふわりふわり、と。その翌日は、寒気ながら晴れ渡り雪の気配はどこにもにない、という日である。

男性一方が加わり、総勢4名、すでに20畳(小さい畳)これでいいくらいである。
音楽はキタロウの不思議もの、これまでのお気に入りを前述の優れものスピーカープラスCDプレイヤーの組み合わせも軽く、持参。

拗歩(ヨウブ、アオブ)と弓歩(ゴンプ)
弓歩とは前後に脚を、二直線上に開き、前脚に重心をかけ、後ろ足でしっかり支える立ち方のことである。基本の姿勢。

拗歩とは、立ち足と攻撃の手が逆になる立ち方。足は弓歩。
相手のけりを払い、手のひらで相手をつくといった動きである。
24式の4にある「ろう膝拗歩」 膝をはらって拗歩するという意味である。

麦踏みとも名付けて、この弓歩を部屋の全部にわたり練習に進んでもらった。
練習の方法のひとつとして
2式左右野馬分鬣で進む:組み手=相手の右手を掴む(右手で)相手の右脇から(左手)を首に押し込む
4式左右ろう膝拗歩で進む
9式左右倒捲肱で退歩:組み手=後ろから抱えられた肘鉄で放し、同時にもう一人の相手の顔,胸を押す

[PR]

by tojitouji | 2013-01-31 14:13 | Comments(0)

ゆっくり太極拳 2   

青い寒の空、満月に白い星たち
白い鉄線花のすずなりの花たち
スノーポールの咲きかけの花弁


今週は、都合により週に3回も練習できる。

初心者のためのメソッド開発中

0腰痛回転法で、体幹をゆっくり回す感覚を知る
1起勢の両手の動きの意味は伝えてある、八段錦のそこここで練習
2大きいボールは魂であるとして、抱え方を説明


3野馬の手の動きは、実際に大きく打ちかかって、型、二の腕で止める感じを体得させる
4右片足立ちから、左足かかとを90度で出す
それからもっと左に広く出す,重心はそのまま
左足に乗っていく、腰ごとゆっくり動かし重心移動、
右足はしぜんに少し回る
左膝をつま先から出さない、右脚全体の後ろの筋を緊張させて前傾し過ぎを阻止する

5左足に重心を完全に置きつつ、右足がゆっくり後ろからくっついてくる。

(足型をおくといいかも!)

候補の動き 
単鞭〜高探馬〜右蹴脚〜双峰貫耳
左右穿さお

次回から音楽を使えるようになった。
CDプレイヤーにスピーカーをさしこむ
このスピーカーとうのが、softbank の店で買ったばかりの iPhone5 用のピンクの、長さ13cm、太さマイクくらい、という持ち運びに絶品のもの。
[PR]

by tojitouji | 2013-01-27 20:52 | Comments(0)

ゆっくり太極拳 1   

さて、前例のない寒い冬を経験しているこの地方、とりわけ今日は寒さ厳しい。晴れていて、小鳥は活発に動いている。花はなし。柑橘類の黄色が金色にみえるほどだ。

さてさて、待望の初日を迎えたが、予定通りの少人数で開始。
和室なので、足触りが柔らかい。
早速体形を整える動きから。
骨盤、体側曲げ、前屈両足の後ろの筋伸ばし。
片脚立ち
四十肩予防

新規の腰由来の症状軽減と予防のために、立って腰をゆっくり左右に回す。
呼吸法導入。
さてこれで、座って、ツボ押し。足、脚四カ所(こたえる人もいた)、
腹部を両手で押して腰を直す動きも
両足伸ばし、つま先を立てて前屈、両の足の裏をくっつけ、あるいは足を開いて前屈脚刺激

足踏み
耳たぶ刺激
トイレスタイルスクワット、あるいは股わり〜〜

重心移動を感じる〜〜

(ちなみに前回のこの辺は以下の通り
準備運動の準備運動:
足踏み 〜 骨盤調整 〜 腕を引っ張り左右に上半身を曲げる、前に深く曲げる 〜 四十肩予防治療 〜 リンパ刺激(頭、鎖骨、腕)
準備運動:
重心移動、左右 前後 〜 首の運動 〜 片足立ち、前抱え 後ろ抱え 〜 耳たぶ刺激、背中刺激 )

いよいよ、定番メニュー
挨拶、立禅、スワイショオ
八段錦 前半四段
24式トウロ まず一度真似をして動く
ーー休憩ーー
野馬のたてがみの脚練習、左足をもっと後ろにかかとで出す
そこに腰を回転させつつ90度体を乗せて行く、これを何度もする
腕の動きについて、実際にこちらがうちかかってそれを防ぐ動きとして納得させる

八段錦 後半四段
筋肉痛覚悟で一度一緒にやる
立禅スワイショオ、挨拶(中国との長い関係に触れる)終わる

寒い、突然である。十分な理由だ。
[PR]

by tojitouji | 2013-01-18 15:09 | Comments(0)