<   2010年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

1分も無駄にしない   

ok. 試してみよう。珍しく胃の具合が悪い。重力は毎日66kg以上。

第1食:ブラックコーヒー少々、トーストチーズつき
第2食:卵かけごはん
第3食:ごはん、ゴーヤ炒め、しゃけ半切れ
第4食:


服用、VB


やっとイメトレ、パンチ対面のみ


毎日のように、ゴミ廃棄が必要だ。当たり前のことながら、何か納得できない。
可燃ゴミ。ここにプラスチックが多い。燃えるとはいえ。
いわゆるペットボトルは洗ってシールを取り、キャップは別に保管。牛乳などの再生紙、食品白トレー、卵のパック。これらはスーパー行き。
故紙、ダンボール、紙箱、これらは指定場所へ。
不燃物、粗大ゴミ。専用の袋もある。大きすぎるものは300円のシールを貼って一度に一つのみ出す。
缶、瓶、割れ物。指定場所へ。
分別や廃棄行為をとやかく言う前に、なぜこれらの行為が(保管やまとめも含め)ここまで大量かつ頻繁なのか。生活に単につきものというには大仰すぎる。捨てるために買う。
だいいち、体がそうだ。排出するために摂食する? もちろんそうでは無い。しかしなぜかそう見える。

a0151024_22414072.jpg

[PR]

by tojitouji | 2010-08-25 22:47 | Comments(0)

最高気温の日々らしい   

いやはやこの暑さに、脳のトレイニングさせられる。きのうから他のファイルに書き貯めていた摂食記録をカットコピーしてここにペースト、着々と書き進めていたのに、ご機嫌を損ねてフリーズさせてしまった。強制終了。保存ならず。さて心も新たに、ID, パスワードと進めてきた。打ち損ないもせずうまく侵入、ところがサファリがとっても遅い。疑いのうちに何とか起動。
先の所まで進もうと、急ぎこのブログに入り、さあてまたペーストしようと、、、しかし勿論、クリップボードにコピーが残っているはずもない。どこにもない。ファイルからは削除し、その後一度終了してしまったのだから。
これからが本物の脳活性化。


第1食:シュークリーム380kcal、ブラックコーヒー
第2食:キャベツ煮ソーセージ2本、みつ豆
第3食:レバニラ豆腐、果物バナナ
第4食:シュークリーム同カロリー
もう一日分書いたのだが、もう無理。
第一書き貯めておこうという魂胆が目的から逸脱している。反省。


まじめに服用:クレストール倍量、ニューロタン半錠、ソラナックス1、5錠

押手師匠が帰国中につき休み、やれやれほっ
かといって健康太極拳もしない、一昨日じっくり3回したが、10分以上かけたために、まるでゾンビになったような気がした笑い出すところだった


終戦記念日の新聞には実にいろいろためになることが書いてあった。
昨日驚いたことには、中国が沖縄の領有を学問的見地がから主張してきた。
私は全然国粋主義者ではない。知らなかったことを読んだので驚いただけだ。
沖縄は生き残りのために、主に芸能の国として大国や隣国とつきあってきたと読んだことがある。
明治政府が沖縄を属国としたのだったか
a0151024_1642673.jpg

[PR]

by tojitouji | 2010-08-19 16:07 | Comments(0)

ひきこもり状態続く   

重力65kg超、66kg以下。
さあて、100才まで生きるのも大変だろうな。90歳を過ぎても壮健である人も若干数いるようだが。自分で動く事も出来なくなり、痛みがあり、自由を失う。ひとに頼るほかない。脳の機能が衰えて感覚器官も鈍くなる。楽しみもない。それで10年20年、となる確率のほうが高いだろう。老母を見ていると希望を失う。彼女に意欲があるだけに。


第1食:ブラックコーヒー、
第2食:トーストパンマーガリン付き、KFC2こ、サラダマヨ付き
第3食:カレーライス、たくわん、すいか


安定剤を忘れると、たとえ眠りについても数時間で目が覚める。
あるいは浅い夢をみる、現実が幻覚のように思われる。


20100726プッシュハンズ
AB4パート対面型
Bが、中央から右手で右方向に半円にAのパンチを受けた後
Aの右手で掴まれてしまう、さらに右足が相手の左足でカギフックされる。
Bが陰回し、つまり右手を右回転させて(親指人差し指90度の)のがれようと滑りバックするのだが、この時右足をフックから逃げるためにSの字にカーブさせて広くバックする。
Aのパンチ、Bはこれを中央から左へ半円に、左手尺骨で止める。
Aの肘鉄、Bは左手で外に押してバランスを崩す、掴まれていた右手の掌を上に向け肘で喉を押す。

Aの2回目の肘鉄、BはAのパランスを崩すように受け、自分が右の肘鉄を下から当てるが、逆に一回目と同じ手で逃げられ、おおまわりパンチをうける。
B、そのパンチを右手で受けるが、左手は相手の右手首を制している。右手げんこつで相手の顔面を高く狙うが、右手で低く制される。
Aがその右手を突き出す、B左手でこれを外から押さえ、右パンチを胸に出す
Aそれを左手で外へ払い、右手パンチをだす
Bそのパンチを右手で引っ掛けて右側へ持って行く、右脚少し後ろへ出して左平手で相手の脇腹を押しに行く
Aはこれを嫌って右手を交差させて避ける
B左手を鋭くAの首へ延ばす、この時ABの体が平行に接する、Aのパンチが来るのでその左腕を確保し大きく回転しつつ下に引く
A慌ててチィを胸に当てるので、B、これを胴体左回しでそらし、同時に右手を高く上げて相手の両腕を、右腕を制し、すぐに大きく後ろ回りしつつ逆取り低く押し付ける
この時、左手小指側の角でローリングしてAの肘上後ろを締める。
Aはその逆手から逃げて、何かを両腕で払いつつ、いきなり右脚でキックしてくる
Bは左手陰で大きく半円回しキックの上を通り脚の内側から足先を受ける、すばやく陽の手に返し、右手で腹へストレートパンチ


感情の動く余裕が無い。
92才の老人かなり健康、ケアハウスで一人、早朝散歩してなにか感動を得る。
まず短歌を詠む、散文詩を書く、俳句に直す、写真を載せる
そんなブログ日記を毎日のように更新している。まもなく再婚するのだそうだ。
そのコメントと書き送る時、できるだけ同じテーマで短歌を添える。ちょっとずるいかな。

a0151024_1403341.jpg

[PR]

by tojitouji | 2010-08-02 01:43 | Comments(0)