<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

急遽、真夏となる   

ダチュラの大きな葉がぐったりしている。朝顔の葉も「みず〜」と叫んでいる事だろう。
自ら好んで多忙にしている、せわしくしてる面はある。
大体主婦という意識が欠落している。この年になってもまだ。
アホかもしれない。
思い出せるかな。そう言えば65、1Kgという最近珍しい低重力だ。


第1食:ブラックコーヒー、卵ベーコン、バタ付きトースト
第2食:ビスケット140Kcal
第3食:ごはん、カボチャ煮、シャケ少々、吸い物青菜入り
第4食:パスタ少々、豚肉、スープ



5日前、すみ医院で待っている時、気管から両肺までの気管支ぜんたいにかなり不愉快な痛みに似た感覚をしばらく感じた。これまで部分的に数回経験したが、ここまで長い経路は初めてだった。やがて収まる、というか気をそらされた。
そう言えば、その後喉の違和感をあまり感じないような。絶えず食べたりしているせいか?


pushhandsの基本形の応用を突然習う。確かにこれまでは腰を回して相手の力をそらす運動でしかなかった。今やその意味を、その展開を意識する事となった。
しかし、基本的に攻撃防御という感覚が欠落しているので、はかばかしく進まない事おびただしい。
両手で触れながら、水平押手しているとき、押すときは掌が自然に相手の手首にまきつく。
押されて引き込む時に、何気なく肘にあった手をすっとずらして、自分の手首上にある相手の指4本の人差し指をこちらの親指で確保する。そのまま雑巾をひねる感じで、下に押す。

逆に、空いた手を相手の手の上ではなく自分の腕の下に滑り込ませ、首まで攻撃の腕をのばし、同時に足を相手の足の後ろに延ばす、これで手は首を左に、膝は相手の膝を右に突発的に押すと敵は左側に倒れる。

相手の正面を突く手が、方向をそらされる瞬間に、そのまま相手の後ろ肩まで延びて拘束することもできる。同時に脚を相手の両足間に差し入れ、膝でゴンと衝撃を与える。するとたとえば肩は右に押され、膝は左に押されて敵は右側に倒れる。

もうひとつ合気道の一教など習ったが、痛いだけで覚えていない。
これからまたトレイニングだ。



テープルの上に、無垢の瞳が4つこちらを向いている。カメラ目線の2枚の写真である。
主婦、妻、母、祖母、そのいずれにもなる覚悟や当然さを感じないままに、流されてきた自分の生活がある。ここまで生きてきたのは護られてきたからのはずだ。
ほとんど何も知らず、与えられた場所で反応して、受け入れて生き延びるしかない、この無垢の瞳の向こうの脳、哀れとも思いその可塑性の逞しさを信じる部分もある。

a0151024_12341441.jpg

[PR]

by tojitouji | 2010-07-21 12:39 | Comments(0)

ミュズリシーズンが終わる   

このタイトルでは、わかる人しかわからない。
朝食にドイツのミュズリを食べていたが、もう無くなったので終わり。
重力は変わりなく、66kgを上限としているらしい。最近計り損ねているけれども。


第1食:食パンに数枚のハムをのっける。ブラックコーヒー
第2食:シャケ弁当、麦茶
第3食:ごはん、豚肉なすの味噌味炒め、大豆

第1食:食パン、卵2、ジャムノンシュガー、ブラックコーヒー
第2食:豆腐1、鰹節
第3食:ごはん、みそ汁、カレイ一切れ、きうりわかめ酢の物、桃
第4食:パスタ、キャベツじゃがいも煮


変わらず。ところでシャンプーなど良いものの試供品使ったが、柔らかい感触が長く続く、ただし高価、そろそろ贅沢病?を正さないと


先週は2回、今週来週と水曜日のみ
スモールサンサをブラッシュアップ:太極拳でいう単鞭の気を握る形は、攻撃の手を誘導し、右にも左にも手首を旋回させうる基本である。そして相手のバランスを崩す。身体力学である。
4パートAB対面練習のパート1、キックまでをブラッシュアップ
手を裏から表へ返すだけで束縛から自由になる。
しかし結局はあるところで足踏みしている。
今思い出そうとしてもだめなのが悔しい。


昨日、まず歯医者で歯の治療を済ました。それからバスが出たところだったので20分ほど立って待った。バスに乗り、走り出したとたん、言いようも無く悲しく淋しい気落ちした気分なのに気づいた。それをこれほど自ら認識したのは珍しい。理由を必死で考えた。
あれもこれも問題ない。むしろ全てやり通したくらいだ。それがかえって気落ちの原因?
昔東京で後悔すべきことがあったが、こんな日だっただろうか。明日は父の命日だ。
そうか、きっと父の気持が私に流れてきたのだ。こんなころ7年ぶりに帰郷した。
父の死病がなければ帰郷できなかっただろう。父は身を犠牲にして私たちを出会わせてくれたのだろう。初めてわかった。自分が父にたいして十分に感謝していなかった事を知った。
忘れてはならない。

a0151024_15511929.jpg

[PR]

by tojitouji | 2010-07-10 17:48 | Comments(0)