小さな発見   

日々小さな発見に満ちている。

車置き場にピンクのネジバナを発見して、急ぎ救出作戦。
東の庭には、これで3本のネジバナが育っている。茎が徐々に伸びてくる。その先が少しふくらむ。
ピンクの花がまずひとつ出現。

きのうは例年通り、朝顔のheavnyblueを植える。
くちなしを買いたかったが、もう置いてないという店だった。
安売りの鉢をひとつ買う。

それからocarinaのレッスン。
なかなか思う通りにはいかない。指がひきつる、呼吸が足らず音が不安定。
先生は笑顔の魅力的なひとだ。会うごとに好きになる。

盆花、咲き初め。

さて、太極拳。

対面で不老拳、最初各列右に二歩、ずれておく。
前々回、うっかりそれに雲手と2回目の単鞭をくわえて失敗したので、
それでは、と4歩ずつずれてはじめたところ、
みなさんうまく出会わなかった。どうしたのだろう?
いずれにしろ、これは人気のフォーメーションだ。



これまで高探馬(ガオタンマア)で、「一歩進んで馬に乗り、見渡す。隙あり右腕一本、
真ん中があいているのでペケにして塞ぐ、時すでに遅し、さっと払われてしまうので
左足ぐっと左につま先でつけ、両手両足とも小さくなってから右足を蹴出す」
と解説していた。
先日の合気道で、
ペケに手を差し入れて、相手の防御を開いて崩す、という動きを発見。
相手に払われて、わーっと両腕を開かされたのではない、
こちらが相手の両腕をこじあけたのである。

[PR]

by tojitouji | 2015-06-18 14:09 | 健康太極拳 | Comments(0)

<< いつまでも新しい発見がある 新しい動き   健康ゆっくりよ... >>