ゆっくり太極拳 9 進行方向からのずれ   

a0151024_16382651.jpg

コアな参加者4名の方々と
和室の障子を開け広げて、音楽も流しながらゆったり過ごす。

体幹筋をやや鍛える運動も取り入れての準備運動の後

套路(24式)をまず
いつものパート練習〜〜ボールを抱え,両腕を少し交差させ滑らせて最終形に至る練習

二つ目のパート練習は、動きを覚え易いが片足立ちの時間が長いので気をとられるようだ
これも筋肉をつける練習
来週は条件が整えば、桜の下で演武というてはずに。


一方、上級者のクラスでは
進行方向一直線上から、どれくらいぶれるものか
全員でたてにならんで進んでみた

私とひとりが進行方向へたいして左へ,出発地点より後ろへ一歩度ずれていた
しかし、あと3人はなんと前にずれていた。

その後套路をしながら観察の結果
注意点、足のずらしが十分でない部分が見つかった
野馬で、爪先の開きが不十分
拗歩で、左右の爪先の開きが不十分(体のねじれ不足)
下勢独立で、斜め後ろに平行四辺形に出す後ろ足が不十分
転身搬欄(手篇)捶で、「シアントンペイ」から拳を打ち出すときの右足が充分二本線に乗っていない

少なくともこれを確認、説明した。
来週には忘れているとみんな笑う。
[PR]

by tojitouji | 2013-03-28 16:43 | Comments(0)

<< ゆっくり太極拳(9)パソコン復活 ゆっくり太極拳 8 体幹筋トレ... >>